すべての歪みはあごに通ず

美容と健康などカラダが喜ぶ情報を発信 骨格のゆがみはココロもゆがむ?最新の痛みやストレス解消法を紹介

すべての歪みはあごに通ず
Pocket
LINEで送る

妊婦の腰痛は温める?冷やす?もう迷わない!見極め方とそのやり方

2017年06月01日 [ 冷やす 妊婦 温める 腰痛 ]
Pocket
LINEで送る

突然!!「腰が痛っ!」

こんな時どうすれば良いのか…

もし初めてなら確実にパニックでしょう!
妊娠中なら尚更です。

妊婦さんの腰痛はレベルは様々ですが
ほとんどの人がなります。

「私は大丈夫〜!」と
過信している人ほど危険です!なぜなら

《妊婦さんは薬には頼れません!》

なので痛みが出る前からの予防が大切です。

いざ痛くなった時、右往左往しないために
知識をつけ対策もしておきましょう!

「まさに今激痛です!」という方は…
応急処置として何をするのか?

痛みが「じわじわ来てます!」という方は…
メンテナンスとして何をするのか

普段から注意すべき点も含めて
解説していきます。

内容はとても簡単で
知っていることかもしれません。

しかし!

いざ痛くなるとパニックのせいか
冷静な判断が出来なくなるものです。

是非こちらを参考にしてくださいね。

下記の関連の記事も要チェックです。

《妊婦の腰痛を劇的に改善する3つの方法!ストレッチは逆効果なの?》

《妊娠初期の腰痛の不安から解放!単純な原因とその超簡単な対策とは?》

《妊娠中の腰痛の悪化をトコちゃんベルトで完全ブロック!付け方を紹介》

《妊娠中の腰痛が楽になる!寝方をシムスの姿勢に変えるだけ!その方法は》

<スポンサーリンク>


妊婦の腰痛は温める?冷やす?もう迷わない!見極め方と簡単な対処法

■身体からのサインを見逃すな!

痛みといっても種類は様々で
この種類の違いをご自分で把握することが
とても重要になってきます。

・なんとなく張る

・鈍く痛い

・硬い

・重い

・動く時にズキッ

・常にジンジン

・常にズキズキ

などなど人それぞれ感じ方が異なります。

ずっと痛いわけじゃないし
我慢ができるし大したことない

と自己診断せずこれらは全部
「異常」と思ってください!

妊婦の腰痛は温める?冷やす?もう迷わない!見極め方と簡単な対処法

■痛くて動けない「ぎっくり腰」

何かの拍子で腰に鋭い痛みが出た場合

例えば…

・腰を捻った

・急に伸ばしてしまった

・大きな「くしゃみ」をした

・何度も咳をした

・滑って転倒した

・身体を冷やしてしまった

これらがきっかけで鋭い痛みが出た場合は
炎症を伴う急性の腰痛症

いわゆる「ぎっくり腰」の可能性が高いです!

また上記の様な明らかなキッカケがなく
特別ことをした心あたりがない場合でも

ぎっくり腰になることが多々あります!

盲点でもあるこのタイプの方は

「じわじわと痛み出し、段々と強く痛み、
最終的に激痛で全く動けなくなった」

と多くの方がおっしゃいます。

じわじわと痛み出した時に
対処しておくべきだったと言うことです!

どちらにしても痛みの種類は
足首などの捻挫の痛みに似ています。

「ズキズキ」「ジンジン」「ズキッ」など

痛くて動かせないという痛みの種類です。

この痛みの種類で炎症の有無が
ある程度判断できるので目安にして下さい。

<スポンサーリンク>


 

妊婦の腰痛は温める?冷やす?もう迷わない!見極め方と簡単な対処法

■炎症がありそうな時は…

その炎症を抑える目的で
アイシング(冷却)をしましょう!

氷嚢(ひょうのう)で患部を冷却しますが
もし氷嚢をお持ちでない方は

スーパーでの買い物で袋詰めの際
お魚やお惣菜などを入れる
ビニールの薄い袋でも大丈夫です。

★絶対に保冷剤は使わないこと!

①ビニール袋を二重にする

②氷を水で少し湿らせる

③その氷を2〜3個袋に入れる
(多く入れないこと)

④痛いとこにピンポイントで当てる
(強く痛むところのみ)

⑤10分間動かさずに当てる
(身体全体が冷えない様に注意)

⑥氷嚢を外し、1時間休ませる

⑦再度10分間当てる

⑧これを痛みが落ち着くまで繰り返す

⑨身体全体を保温しながら行う

※痛みのない部位に絶対に当てない
※気温に関係なく患部以外は保温すること
※凍傷の恐れがあるため保冷剤は使わない
※無理な姿勢で行わない

 

妊婦の腰痛は温める?冷やす?もう迷わない!見極め方と簡単な対処法

■炎症による痛みではない時…

炎症は無さそうだけど、強い痛みがある
という方の筋肉の状態は

疲労が筋肉の中に蓄積して
コンディションが限界に達した状態です。

筋肉はカチコチに硬くなっています。
「伸びもしない」「縮みもしない」

という思っているより異常な状態です!

動きにくかったり、筋肉が引きつれたり
また、動きに伴って痛みが出たりします。

筋肉が固まっている状態の感覚は
重い、硬い、張る、だるい、鈍く痛い

という表現が一番近いかと思います。

この様な痛みの種類の場合は
ストレッチやマッサージ

…ではなく

しっかり身体を温めましょう!

「お風呂」でもちろん良いのですが
何度も入ることは面倒なので

手軽な「足湯」をお勧めします。

慢性的な腰痛の緩和だけではなく

良い気分転換にもなり
心身共にリラックスできます!

① 深めのバケツ1つまたは2つ

② 適度な温度のお湯をはる

③ お好みの入浴剤を入れる
(バスソルトやアロマが◎)

④ リラックスできる椅子で

⑤ じんわり汗をかくぐらい

※気分が悪くなったらすぐ中止する
※熱いお湯は避ける
※濡れた足での転倒に注意する
※膝から下が浸るぐらいが、なお良し
※暑い季節でもお勧め
※水分補給はしっかりする

<スポンサーリンク>


 

妊婦の腰痛は温める?冷やす?もう迷わない!見極め方と簡単な対処法

■まとめ

炎症がある急性的な痛みは「冷やし」
慢性的な痛みは「温める」

炎症は患部のみピンポイントで冷やし、
身体を保温することは忘れないこと。

身体の冷えがぎっくり腰の
引き金になることがあるからです。

腰痛の対策は他の記事に書いてありますので
こちらも合わせてご覧ください。

《妊婦の腰痛を劇的に改善する3つの方法!ストレッチは逆効果なの?》

《妊娠初期の腰痛の不安から解放!単純な原因とその超簡単な対策とは?》

《妊娠中の腰痛の悪化をトコちゃんベルトで完全ブロック!付け方を紹介》

《妊娠中の腰痛が楽になる!寝方をシムスの姿勢に変えるだけ!その方法は》

熱い季節でも温める様に心がけ
冷たいものばかり飲まないということも
身体を冷やさないコツです。

暑い国ほど温かいものを飲んでますよね!?

温めると疲れが取れリラックスします。
少し汗をかくと浮腫も取れます。

水分補給とをしっかりしながら
身体を温めましょう!

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です