すべての歪みはあごに通ず

美容と健康などカラダが喜ぶ情報を発信 骨格のゆがみはココロもゆがむ?最新の痛みやストレス解消法を紹介

すべての歪みはあごに通ず
Pocket
LINEで送る

妊娠初期の腰痛の不安から解放!単純な原因とその超簡単な対策とは?

2017年05月27日 [ 初期 原因 妊娠 改善 腰痛 解消 ]
Pocket
LINEで送る

・悪阻(つわり)

・腰痛

・寝れない

・動悸 息切れ

・浮腫(むくみ)

・高血圧

・貧血

などなど妊娠中はつらいことがいっぱいです。
でも安心してください!

原因の説明の他に

改善方法もしっかりご紹介していきます。
なので憂鬱にならないでくださいね。

つらいのは「今だけ」と乗り越えましょう!

不調も数々ありますが中でも深刻なのが
妊娠中の「腰痛」です。

「激痛で寝ていられない」

「歩くと激痛」

…とかなりの重症の方や

「なんとなく痛い」

「時々すごい痛い」

…腰痛になり始めの方など

どちらのタイプでも

先ずは「原因」から理解してください。
原因がわかると「対策」が見えてくるからです。

そして改善に繋げましょう!

なんとなく痛い方や時々痛いという方は
今は我慢できるからと様子をみていると

妊娠中期〜後期にかけて
重症化してしまうことがほとんどです。

遅かった…と後悔しないように
対策を怠らないでくださいね!
<スポンサーリンク>


 

妊娠初期の腰痛の不安から解放!単純な原因とその超簡単な対策とは?

■腰痛の種類

①疲労の蓄積による腰痛

②①が慢性化した腰痛

③動くとズキッと激痛(炎症なし)

④常に激痛のぎっくり腰(炎症あり)

これらすべて妊婦さんに起こる
可能性が高い腰痛です。

①〜④へ順番に進行することが多く

前触れもなくいきなり④
という方もいらっしゃいます。

歩けなくなるほど痛くなり
病院に行きたくても
歩けないので行けなくて
困るというケースも多々あります。

 

妊娠初期の腰痛の不安から解放!単純な原因とその超簡単な対策とは?

■腰痛になる原因 その1

妊娠中の腰痛の原因は

妊娠前からの疲労の蓄積や
ゆがみが多く関係しています。

それに加え妊娠初期から分泌される
「リラキシン」といわれるホルモンが
腰痛を増幅させるといわれています。

リラキシンは出産のためには必要不可欠で
関節を弛ませるという作用があります。

弛む度合いは個人差がありますが
作用すると靭帯による
体重を支えるという役割が弱くなり
筋肉にかかる負担が極端に増えてしまいます。

それが限界を越えると腰痛が起こるのです!

またそのほかにも

・恥骨

・尾てい骨

・股関節

・鼠径部

などに痛みが出る方も多くいらっしゃいます。

ホルモンや身体にかかる負担から考えると
妊婦さんの腰痛は必然的なのかもしれません。

お腹が大きくなるにつれ腰の痛みのレベルが
増悪してくることが多いのはそれが理由です。
<スポンサーリンク>



 

■腰痛になる原因 その2

・妊娠前から姿勢が悪い

・ゆがみがある

・お腹の重みで腰を反っている

・同じ姿勢のことが多い

・ほとんど動いていない

・仕事上姿勢が悪い

・具合が悪くずっと寝ている

これらの共通点は
「悪い姿勢」と

「動きの有無」です。

逆に運動やトレーニングをしっかりしいて
体力や筋力に自身があり
「仕事も動きまわってます!」という方は

実感のないまま身体が実は疲弊していて
妊娠によって限界に達し
腰が痛くなるということになります。

筋力などは関係ありません。
コンディションの問題です。

医師に絶対安静を指示されている方以外は
動ける範囲でなるべく動きましょう!

「朝起きる時、腰が痛くて…」

という人はやはり動くことが
不足しているということです。

寝る前に少し体操をしましょう!
方法は記事の最後にあります。

 

妊娠初期の腰痛の不安から解放!単純な原因とその超簡単な対策とは?

■改善のための姿勢とは!?

座る際は柔らかいソファーは避け
ベンチタイプやダイニングで使うような

腰が直角で座れる椅子に
腰かけるようにしてください。

お尻を椅子の奥に
突っ込む様に座るのがコツです。

間違っても浅く座わらないでください。

腰が直角で腰が反らない様に気を付けながら
背筋を真直ぐにして座りましょう!

これは妊婦さんに限ったことではなく
出産後もこの座り方を続けてください。

腰痛予防になります。

授乳もクッションを上手く利用しながら
この姿勢で与えるようにしましょう!
<スポンサーリンク>



 

妊娠初期の腰痛の不安から解放!単純な原因とその超簡単な対策とは?

■まとめ

立っている時や歩いている時の姿勢で
お腹の重みを自然に任せていると

腰が反ってしまい必ず痛くなります。
腰を前に突き出さない様にしましょう!

何よりも適度に動くことが大切です。

比較的動くことができる妊娠初期から
身体を動かすこと心がけてください。

そして盲点が
「車や電車などでの移動」です!

移動中は全く動いていません。
まめに休憩をとってください。

特に「里帰り出産」の方はご注意くださいね!

★他にも腰痛に関する記事があるので
腰痛にお悩みの方はこちらもご覧ください。
《妊婦の腰痛を劇的に改善する3つの方法!ストレッチは逆効果なの?》

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です