すべての歪みはあごに通ず

美容と健康などカラダが喜ぶ情報を発信 骨格のゆがみはココロもゆがむ?最新の痛みやストレス解消法を紹介

すべての歪みはあごに通ず
Pocket
LINEで送る

妊娠中の腰痛が楽になる!寝方をシムスの姿勢に変えるだけ!その方法は

2017年05月31日 [ シムス 妊娠 妊婦 寝方 腰痛 ]
Pocket
LINEで送る

妊娠の中〜後期にかけて「睡眠」の
悩みが増えてきます。

・眠りが浅い

・寝つきが悪い

・眠った気がしない

・腰が痛くて眠れない

眠れなくなる1番の理由は
ホルモンバランスや胎児の重みですが

あなたご自身の寝方の好みも
大きく眠りに影響します!

そもそも妊娠する前から

・仰向けでは寝れない方

・うつ伏せでしか寝れない方

・決まった側を下にしないと寝れない方

このようなタイプの方は妊娠すると
寝方の選択肢が減ってしまい
質の良い睡眠を取れなくなります。

眠れないのは拷問に近いものがあります。
胎児に良くないのは言うまでありません。

そこで今回は「シムスの体位」という
《半うつ伏せ寝》をご紹介します。

「息苦しさ」

「寝苦しさ」

「腰の痛み」

これらを和らげる寝姿勢です。
とっても簡単なので
ぜひ試してみてください!
<スポンサーリンク>


 

妊娠中の腰痛が楽になる!寝方をシムスの姿勢に変えるだけ!その方法は

■シムスの体位ってなに??

妊婦さんに知っていただきたい
「シムスの体位」とは

1800年代のアメリカで
Dr. J.マリオン.シムズが考案した姿勢です。

「Sims’ position」

「シムスの姿勢」

「シムズ位」

などとも呼ばれています。

・ホルモンバランスの大きな変化

・自律神経の乱れ

・出産の不安などによる精神バランスの乱れ

・お腹の重みによる圧迫感

これらが原因で寝つきが悪くなる人が多く
妊娠後期になるにつれ、さらに増えていきます。

シムスの体位とは
体の左側を下にして横向きになり
右足を曲げて寝ますが

左側が下になることで心臓への負担と

大きくなった子宮によって
お腹の奥にある下大静脈への圧力を
軽減させることができる寝姿勢なのです。

このような理由から
一番リラックスする姿勢といわれています。

ちなみに、胃カメラや大腸検査
意識のない人の「気道確保」の寝姿勢です。

子宮によって下大静脈が圧迫されると
「仰臥位低血圧症候群」
(ぎょうがいていけつあつしょうこうぐん)
といい

低血圧になることで気分が悪くなったり
めまいなどを起こすことがあります。

シムスの体位をとることで
この圧迫から解放されリラックスでき

さらに呼吸も楽になるため
心地よく眠ることが出来る様になります。

 

妊娠中の腰痛が楽になる!寝方をシムスの姿勢に変えるだけ!その方法は

■シムスの体位の取り方

《基本姿勢》

① 左側を下にして横になる

② 左足は真っ直ぐ伸ばす

③ 右足の股関節と膝を60〜90°ぐらいに曲げる

④ 上半身は横向きから少しうつ伏せ気味に

⑤ 好みでクッションを使う


写真の引用元:https://goo.gl/kqiFnV


《基本姿勢からシムスの体位へ》

① 基本姿勢から下側の左腕を背中側に回す

② さらに少しうつ伏せ気味

③ 好みでクッションを使う

④ 腕などがしびれる場合は基本姿勢へ戻す


写真の引用元:https://goo.gl/kqiFnV

※「左側を下」が基本で条件ですが

お腹の赤ちゃんの向きによっては
「右側を下」が楽な場合もあります。

その場合はご自身が楽な側
または赤ちゃんが嫌がらない側でOKです。

赤ちゃんも背中側が下になる方が
楽といわれています。

お腹の赤ちゃんに聞いてみましょう。
蹴って答えてくれるかも!?
<スポンサーリンク>


 

妊娠中の腰痛が楽になる!寝方をシムスの姿勢に変えるだけ!その方法は

■仰向け寝の注意

仰向けで全く苦しくなく眠れるという方も
「シムスの体位」を取ることをお勧めします。

浮腫(むくみ)や腰痛の原因にもなりますし
浮腫や腰痛がある方はさらに悪化します!

前に説明した「仰臥位低血圧症候群」になる
可能性も高くなってしまいます。

少しだけでも仰向けになりたい!
という時は…

両膝を曲げ立膝にして
ロール状に丸めた布団を
膝の隙間に入れて寝てください。

ロール状のクッションの直径は40〜50cm
必ず膝を曲げて乗せて下さい。
膝を伸ばしていると逆効果になります。

胃の圧迫感や胃がムカムカする方は
クッションなので背中側に傾斜を作り
頭側が上がる様に寝てください。

 

妊娠中の腰痛が楽になる!寝方をシムスの姿勢に変えるだけ!その方法は

■浮腫(むくみ)対策

シムスの体位を取りながら
足首の曲げ伸ばしをしましょう。

むくみ対策になります!

ふくらはぎを使うことで
ポンプ作用でリンパや血流が良くなります。

この体操はシムスの体位以外でもOK!

お風呂の中など水圧がかかった状態は
さらに効果的です。

そしてなるべく散歩をしましょう!
これによって浮腫や寝つきも改善されます。
<スポンサーリンク>


 

妊娠中の腰痛が楽になる!寝方をシムスの姿勢に変えるだけ!その方法は

■まとめ

妊娠中は思いもしない制限がいっぱいで
その中でも「眠れない」というのは
相当辛いことと思います。

シムスの体位はあなたの寝姿勢に
選択肢が一つ増えたと思ってください。

この寝方で眠らなければいけない
ということではありません。

そしてこの「シムスの体位」も含め

「同じ姿勢を長い時間取らないこと」

これが最も私が伝えたいことです!

動かず同じ姿勢を取り続けていることは
寝ている時も同じで良いことがありません!

その理由は他の記事に書いてありますので
こちらも合わせてご覧ください。

《妊婦の腰痛を劇的に改善する3つの方法!ストレッチは逆効果なの?》

《妊娠初期の腰痛の不安から解放!単純な原因とその超簡単な対策とは?》

《妊娠中の腰痛の悪化をトコちゃんベルトで完全ブロック!付け方を紹介》

大変なことが沢山ですが
赤ちゃんがお腹にいる貴重な時間
と前向きに捉え乗り越えましょう!

Pocket
LINEで送る


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です